大屋研究室

  
大屋隆生 教授

出身地

三重県伊勢市

出身大学・大学院

東京大学 大学院工学研究科情報工学専攻

学位

工学修士 東京大学大学院 昭和58年3月取得 修士論文: Voronoi線図の構成法に関する研究

博士(都市情報学) 名城大学大学院 平成17年2月 取得(論文博士)  博士論文: OR手法を用いた情報 インフラの構築

専攻分野(研究課題)

オペレーションズ・リサーチ 特にAHP

担当講義

情報理論  コンピュータソフトウエア  情報戦略  情報管理

研究テーマ

モデルや手法を構築・適用することにより,組織の行動・現象を理論的に把握し分析するのがORである。
大屋研究室では,階層意思決定法(AHP ),数理計画法,質的データ分析などのOR手法と,ソフトウエア開発論、システム管理、セキュリティー管理などの情報工学の研究を行う。

最近の主な論文・著作・研究業績

木下栄蔵,大屋隆生: 戦略的意思決定手法AHP,シリーズ オペレーションズリサーチ 1(朝倉書店,2007年)

木下栄蔵,大屋隆生(編著): 企業・行政のためのAHP事例集(日科技連,2007年)

  T. Ohya, E. Kinoshita, "The Geometric Mean Concurrent Convergence Method" Proceedings of the 10th International Symposium on the Analytic Hierarchy Process: ISSN 1556-8296, 2009.

大屋隆生, 馬場健司, 鈴木正, 佐賀井重雄, 吉光司: オフィスでの電力使用情報提示による電力有効利用支援効果, オペレーションズ・リサーチ,Vol.45, No.8(372-376)

所属学会・社会活動

日本オペレーションズ・リサーチ学会
      理事(2008・2009年度)
      意思決定法研究部会 主査(2009~2011年度)

      論文誌編集委員(2010年度~)

情報処理学会  
日本応用数理学会

 

サイト内検索

募集要項請求先

〒 154-8515
世田谷区世田谷4-28-1

入学課03-5481-3211
理工学部03-5481-3251